吹き付け塗装

均一に仕上げる吹き付け塗装

一般的に新築住宅の外壁塗装の際には、ほとんどが吹き付けで作業が行われています。
新築住宅の外壁塗装で吹き付けが選ばれる理由として、建物を完全に屋根の高さまで覆って、周囲に飛び散らないようガードがしやすいためです。
外壁塗装を吹き付けで行うと、スプレーで塗るような感覚で、細かい隙間まで塗料が付着して均一につくため、塗り残しが出にくいといわれています。

吹き付け塗装のメリット

吹き付け塗装のメリット3つをご紹介します!

多様性

1つ目のメリットは、複雑な模様・重厚感ある雰囲気・凹凸のある立体感など多様な仕上がりを出せることです。これは吹き付け工法の最大のメリットで、仕上がりにこだわりのある方にはおすすめの工法です。
そして、塗膜の品質を均一にでき、より多くの膜厚をつけやすい工法でもあるので、仕上がりがきれいなこともメリットといえます。

重厚感

2つ目は、補修跡が分かりづらく、また仕上がりの特徴である「重厚感」が長く保てる点です。特にタイル吹き押さえ仕上げにおいて、このメリットが発揮されます。
費用が安いだけではなく、吹き付け塗装では、好みに応じた多彩な仕上げができる点も魅力です。

費用面

スプレーガンによる塗装は、施工時間を短くできます。施工時間を短くできれば、工事費用が安くなるというメリットにつながります。
ただし養生の時間は、ローラーよりかかりますので、養生の手間のかかる戸建てより、工場の大きい壁やシャッターのような広い平面の塗装に向いています。

景観をよりきれいに

外壁が痛むと景観がおもわしくない状況に陥ります。
美しさを再現するためには外壁塗装は最も重要な工事です。
この吹付け塗装に、更に外壁の状況に合わせた手法で塗り分けることで、美しい壁に仕上がります。
ライズペイント株式会社では、美しい仕上がりを目指した塗装を目指して尽力しております。

塗装の必要性

住まいを守ることが塗装の目的です。「塗装」によって、紫外線や雨風などから住まいは守られています。定期的に住まいの状況に合わせた「塗装」をしなければ、お住まいに様々な劣化が起こってしまうのです。

お問い合わせはこちら!