皆様こんにちは!茨城県筑西市の塗装会社、ライズペイントです!

長い間外壁の塗り替えをしていなかったり、汚れや色褪せに気付いていても「まだ大丈夫」と、そのままにしていませんか?
工事の期間、手間や金額などを考えると、ついつい先延ばしにしてしまいますよね…。
また、外壁塗装の必要性や塗り替えをしないとどうなるか、メリット・デメリットなどを知っていないと、なかなか塗り替えの決心ができないと思います。

そこでこの記事では、外壁塗装がなぜ必要なのか、外壁塗装を行う前に知っておきたいメリットとデメリットなどをご紹介します!
ぜひ外壁塗装の検討にご活用くださいね!

外壁塗装のメリット

外壁塗装は、見た目を綺麗にすることだけが目的でないことをご存知でしょうか?
意外と知られていないものもありますので、
外壁塗装による様々なメリットを4つご紹介します!

外観を美しく保つ

まず最初に皆様が1番に思いつくメリットは、こちらの”外観を美しく保つ”だと思います。
新築時から10年以上経つと、経年劣化による汚れや色褪せだけでなく、コケやカビなどが生えてくる場合があります。
これらの劣化が目立ってくると、新築時の綺麗な印象からはかけ離れた古臭い印象になってしまいます。
外壁塗装を定期的に行うことによって、いつまでも新築時の美しさを保つことができるのです!

劣化を防ぎ寿命を延ばす

外壁の一部が剥がれてきたり、ひび割れが起きても放置していると、そこから雨風が侵入して雨漏りの原因になります。
そのままにしておくと外壁材が腐ったりして段々もろくなり、崩れる場合もあります。
雨風や直射日光による影響や傷みは毎日積み重なっていきますので、定期的なメンテナンスが必要となります。

機能を追加する

外壁塗装には外壁を綺麗に彩る以外にも、防水や遮熱などの生活をしていく上で大事な機能を付加することができます!
様々な種類の塗料があり、塗料によって機能も変わってきます。
いくつかご紹介しますので、ご自分のお家に必要なものを選んでみてください!

◎防水機能…雨風による外壁の傷みを防ぎ、お家を守ります。
◎遮熱機能…直射日光による外壁の温度上昇を抑える働きがある遮熱効果。室内の温度が安定します。
◎断熱機能…熱を逃がさないので、冷暖房効率が上がります。外気温に左右されにくくなりますよ!
◎耐久機能…雨風や直射日光からの傷みを防ぎ、耐久性を保ちます。外壁に耐久性があると、耐震対策にも繋がります!
他にも、防カビや防錆の機能などもあります!

お家の資産価値を守る

定期的にメンテナンスされ、綺麗さや外壁の機能が保たれているお家は資産価値が上がります。
外壁が汚れていたり、外壁材がもろくなっている家は当然資産価値が下がってしまいますよね。
ずっと住み続けてご家族にお家を相続しようと思っている方や、将来的にお家を売却しようと考えている方。
どちらにとっても資産価値を守っていくことはとても重要なことです。

外壁塗装のデメリット

外壁塗装のメリットはいくつかご紹介してきましたが、デメリットはあるのでしょうか?
実は、外壁塗装によるデメリットは特にありません!

強いて言うなら…

お金や時間、手間などがかかるというところでしょうか…。

ただ、デメリットが気になって放置しておくと、かえって補修費用が高くつくことになります。
しっかりとメンテナンスをすることで、結果的に費用を抑えることができますよ!
外壁塗装にかかる期間や金額などの計画をしっかりと立てることがとても重要になってきます!

外壁塗装の必要性

メリットやデメリット、色々ご紹介してきましたが結局外壁塗装は必要なのか?
結果から申しますと必要です!
なぜ必要となるのか、理由を更に詳しくご紹介します!

外壁材を保護し、長持ちさせる

外壁塗装は色を塗ったり、機能を付加できるとお伝えしてきましたが、塗料を塗ることで外壁材を保護する役目もあります。
外壁塗装をせずに長い間放置すると色や機能が落ちると同時に、外壁を保護するものがなくなります。
そうすると、ひびの間や剥がれている部分から雨水が侵入し、外壁材に染み込みます。
外壁だけのダメージに留まればまだ良いのですが、更に内部まで浸入してくるようになると雨漏りだけでなく、シロアリやカビなどが発生してしまうこともあります。
そういった被害を気付かずに放っておくと次第に、お家は耐久性を維持できず早々に寿命を迎えることになります。
定期的に外壁塗装をしてメンテナンスをすることは、お家を長持ちさせることにも繋がります!

お家を守る

安全な暮らしを確保するためにも、今までご紹介してきたメリットなどを踏まえ
先ほど申し上げた ” 外壁塗装は必要 ” という結論になります!
また、外壁塗装をする際は劣化に合わせて下地補修を行いますので、劣化が酷すぎると下地補修にかかる費用も高くなります。
定期的に塗り替えをして外壁を守ることでお家の寿命が長持ちし、結果的に費用を抑えることができます!

外壁塗装のタイミング

「外壁塗装のメリットや必要性は分かったけど、今のままでも大丈夫そう」
そう思う方もいらっしゃると思います。
たしかに、汚れや色褪せがあるけどまだ大丈夫!という場合もあります。
塗料の種類によって多少前後するところはありますが、
一般的に外壁塗装をするタイミングをいくつかご紹介しますので
ご自分のお家と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね!

年数

新築8~10年置きがタイミングの目安となります。

外壁塗装の効力としては、約5~6年で外壁塗装の機能が落ち、約8~9年で劣化が進行。
約10年前後で完全に外壁の保護機能としての効果が失われている状態となります。

症状

築年数も1つの目安ですが、実際にどのような症状が出ているかに注目してみましょう!

【経過観察】
◎色褪せ…紫外線の影響で色が褪せてくる
◎艶が無くなる…風雨や紫外線の影響で艶が無くなってくる
◎コケやカビなどが生える…塗膜による防汚性能が落ちてきて、コケやカビなどが生えくる

【塗り替えが必要】
◎白い粉(顔料)が露出する(チョーキング塗膜成分の劣化が原因)
◎塗膜が浮いてきたり剥がれてくるなど、外壁から塗膜が剥離した状態
◎シーリングが劣化し、サイディングの継ぎ目に隙間ができている
◎外壁にひびが入っている

以上が、症状による塗り替えのタイミングとなります。
年数だけに重きを置くのではなく、症状もきちんとチェックして外壁塗装を行うことをオススメします!
特に、塗り替えが必要な症状を放置していると室内に雨風が侵入してきたり、外壁材がボロボロになってしまうので早急に対処したいですね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は外壁塗装を行う前に知っておきたいメリットや外壁塗装の必要性をご紹介してきました。

綺麗な外観を保つためだけでなく、安全な暮らしをするためにも外壁塗装は必要なんですね!
この機会に、ご自宅の外壁の症状をチェックしてみるのも良いかもしれません。

そろそろ外壁塗装が近づいてきた方や、外壁塗装を検討している方は、
ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね!