Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/diantspeed1/rize-paint.com/public_html/wp-content/plugins/essential-grid/includes/item-skin.class.php on line 1321

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/diantspeed1/rize-paint.com/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2854

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/diantspeed1/rize-paint.com/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/operations.class.php on line 2858

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/diantspeed1/rize-paint.com/public_html/wp-content/plugins/revslider/includes/output.class.php on line 3708
基礎の塗装で大事な家を守る!住宅の基礎塗装の必要性を解説! | 筑西市の外壁塗装・リフォームならライズペイント!

皆様こんにちは!茨城県筑西市の塗装会社、ライズペイントです!

突然ですが、皆様の住宅の“基礎部分”はどのような状態ですか?
屋根や外壁の塗装はしてあるけれど、基礎部分は何もしていない方が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家の基礎には塗装は本当に必要なのかどうかを解説いたします。

塗装した場合のメリット・デメリットや気になる費用の相場など。
家を支える一番大事な場所だからこそ、メンテナンスの重要性をしっかり理解しておきましょう。

まず家の基礎について知ろう

基礎は基本的に鉄筋コンクリートで構成され、家の重さや地震・風などによる外からの力を地盤に伝える役割をします。
そうすることで家が傾いたり沈んでしまわないようにしているのです。
また、地上からの湿気を防いでくれます。

地盤や周囲の環境によって工法は違ってきますが、主に現代の家で採用されている基礎には大きく分けて2種類あります。
これから基礎塗装を検討される方は、頭の片隅に入れておきましょう。

ベタ基礎

ベタ基礎とは、地面と接している部分全体に鉄筋コンクリートを敷き、“面”で支える事ができる工法です。
全体的にコンクリートで覆うため、耐震性が高く、地面からの湿気をしっかり防ぎ、
木造住宅の天敵であるシロアリなどの害虫に強い特徴を持っています。

その反面、鉄筋コンクリートの使用量が増えるため、施工時間が長くなったり、コストが高くなったりします。

 

布基礎

面で支えるベタ基礎とは違い、布基礎は“点と線”で支える構造です。
立ち上がりと言って、部屋の間仕切りの部分や外周部分のみをコンクリートで覆います。
その分湿気が侵入する部分が多くなってしまうので、防湿シートや防湿コンクリートというものを使用します。

布基礎は耐震性こそベタ基礎に劣りますが、使用するコンクリートが少ないため地盤自体への負荷が少なく、コストを抑えることができます。

塗装の前に確認すること

多くの家が屋根や外壁を塗装して、家を守っているはず。
しかし、周りの住宅を見渡すと基礎部分はコンクリートがむき出しの家は少なくありません。

それなら、本当に基礎部分の塗装は必要なのかどうか?

ずばり、“安易な基礎塗装はしないほうがよい”です。
外壁も塗装して家を守ってくれるから基礎も塗装してもらおうなどと、簡単に決めてしまうとかえって家を危険にさらす事になりかねません。

なぜか?

基礎のコンクリート部分の劣化症状に気付かないからです!
肝心の中身の部分が劣化している状態で、表面だけを綺麗にしてしまうと症状の進行が気付かぬうちに進んでしまいます。

また、家の中からの水漏れが起きた場合はコンクリートの表面の染みで気付けますが、綺麗に塗装してしまうと気付けません。

そうした、基礎の補強が不十分なまま基礎塗装をしてしまうと、守るための塗装がかえって家の劣化を招いてしまう危険性があります。
それでは本末転倒ですよね。
その様な事がないように事前に業者に補強が必要かどうかをチェックしてもらいましょう!
しっかり基礎の補強が済んでいるのなら基礎の塗装はした方がよいと言えます!

基礎に起こりうる劣化とは

家の基礎は何十トンもの重さを支えていますので、月日が経つにつれて必ず劣化が進んでいきます。

一番多い劣化症状は、ひび割れです。
基礎に使用しているコンクリートは水に弱い性質を持っています。
地面に近いところにあるため雨水や湿気などの影響を大きく受けてしまいます。
水を含んだ際に膨らんで、乾いたときに収縮したときにひび割れることがあります。

また、気温の変化によってもひび割れは起きます。

次に、基礎内部の腐食です。
基礎には鉄筋コンクリートを使用しています。その、鉄筋部分が腐食してしまうのです。

原因の一つに、コンクリートが中性化することです。
コンクリートはアルカリ性で、錆から鉄筋を守る役割をしてくれますが、雨や二酸化炭素に長いあいだ触れると、
コンクリートに含まれる水酸化カルシウムが炭酸カルシウムに変化して中性化してしまいます。
アルカリ性が失われたコンクリートが鉄筋部分に触れることで、錆が発生し、ひび割れや腐食につながるのです。

こういった劣化の症状は基礎の塗装をすることで防ぐことができるのです!

基礎の寿命は30〜40年と言われます。
状況によっては短くなる可能性がありますから、定期的に業者にチェックしてもらうとよいでしょう。

外壁塗装の業者選びの際に、こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

トラブルを防ぐ!業者選びのポイントまとめ

塗装するメリット・デメリット


メリット

基礎の塗装をすることでどんなメリットがあるのかご紹介します。

 

◎家の景観が良くなる

特に外装や屋根にこだわっている家は、基礎部分にも気を使ってみましょう!
基礎部分のコンクリートがむき出しだと少し浮いて見えてしまいます。
基礎まで塗装されている家は引き締まって見えて、素敵に見えますよ!

 

“ライズペイント”なら、デザイン性の高いモルタル造形やアンティーク調に塗装もいたします。
興味のある方は是非チェックしてみてくださいね!

エイジング塗装

◎吸水性を抑える

上記で紹介したように、基礎のコンクリートは吸水性が高く、それが原因でひび割れや腐食が起きてしまいます。
それを防ぐためにも基礎の塗装は必要と言えます。
フッ素が配合されたもので雨水の吸水を防いだり、コンクリートの中性化を防止したりします。

◎防水性が上がる

塗料により防水性が上がり、カビやコケの発生を抑えることができます。
そうすることで家の美しさも保つことができます。

こうしたメリットにより基礎の塗装は家を長持ちさせ、綺麗に魅せることができるのです。

デメリット

次に、基礎を塗装することでどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

◎塗装がはがれやすい

基礎部分は地面に接地している為、雨水の跳ね返りにより、外壁に比べると剝がれやすくなります。

◎表面が綺麗なため劣化に気づきにくい

表面を塗装することで、基礎自体のひびや水漏れのサインに気づきにくくなるかもしれません。
しかし、基礎の状態をしっかりチェックしたうえで塗装してもらえば、問題ありません。
ただ、塗装すれば絶対に劣化しないという事はないので、いずれにせよ定期的なメンテナンスは必要です。

施工内容と費用相場

主に、基礎塗装の施工内容は以下のようになります。

①下処理として、高圧洗浄で表面をきれいにする

②乾燥させ養生する

③塗装

④養生の撤去・周辺の清掃

工期はおおよそ1日から2日程度です。

新築で住宅建築を依頼した場合、基礎の塗装はオプションになる事が多いです。

気になる費用の相場は、1㎡あたり3,500円〜4000円程度になります。
一般的な住宅でしたら、5万円〜8万円あたりが相場になります。

業者により外装塗装と一緒に施工してくれる場合もありますので、しっかり事前に確認しておきましょう!

まとめ

今回は、家の基礎部分の塗装についてご紹介してきました。家を長持ちさせるのに基礎の塗装は積極的にしたいですね。

しかし、重要なのが“基礎の補強をしてから塗装をする”ことです。

灯台下暗しでいつもはあまり気にしない基礎部分ですが、今一度、見直してみてはいかがでしょうか?